悪と仮面のルールを見た
[20190521]




Amazonレビューは芳しくないものだったが、
邪の概念とかは中村文則作品に触れてないとなかなかピンとこないのかもしれない
そもそも派手な動きのない話だしな

中村文則作品に頻繁に登場する悪の親玉的キャラはぶっとびすぎて映像化でどうなるかと思ったが
そこを中村達也さんは狂気を帯びた演技で完璧にこなしてみせた
さすがブランキ―ジェットシティ!(関係ない)

ラストのシーンは玉木宏の演技力で原作より感動した
関連記事
2019-05-21(Tue) 00:45 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/tb.php/3492-54fd9709

HOME

copyright © 2005 白狼の聖 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ツイッター

ランキングバナー

ほむ  にこまきバナー


カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する
カテゴリー&ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>

ブクログ

にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ