去年の冬、きみと別れ
[20190522]


を見た。

原作を読んだのははるか昔なので普通にびっくりした
なんで第二章から始まるんだろう?みたいなw

イニシャルでこの作品を誰々へ・・・みたいなのもこの映画のおかげでやっとわかったってゆうw

やはり尺の都合上、人形師のくだりはバッサリカットされていた。
めちゃくちゃ印象的なんだけどね

これで映像化された中村文則作品全部見たことになる。
銃のスピンオフが作られるって話はどうなったんだろう?



関連記事
2019-05-22(Wed) 01:44 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/tb.php/3494-4290aa09

HOME

copyright © 2005 白狼の聖 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ツイッター

ランキングバナー

ほむ  にこまきバナー


カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する
カテゴリー&ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>

ブクログ

にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ